Image

【新築】
抜群のロケーションに建つ
シンメトリーな平家住宅

北杜市 / 佐藤邸

北杜市、大泉にある佐藤様邸の新築工事。
 中村設計事務所の依頼でお仕事をさせていただきました。 平家でシンメトリーな間取りを持つご自宅です。寒冷地ならではの気遣いも所々に散りばめています。

まずは、井戸を掘ります

造成前の土地。
ロケーション抜群の別荘地にある400坪の広〜い土地です。
ここに新しく依頼された住宅を建築します。

北杜市佐藤邸新築工事

まず最初に行うのは井戸掘りです。
この辺りの土地(北杜市大泉)は水道の水圧が低いため、65mほど掘って飲料水にもなる地下水を確保します。

特にトラブルもなく1週間ほどで水脈にあたりました。

北杜市佐藤邸新築工事_まず最初に行うのは井戸掘りです。Image

左側に見えるブルーシートの下に水を汲み上げるポンプを設置しています。
ポンプで汲み上げたこの水で家全体の給水を賄います。

北杜市佐藤邸新築工事

基礎工事がスタートです

無事に井戸掘りも完了し、これから土台となる基礎工事に取り掛かります。
まずは、字縄張りで家の形を決めていきます。

北杜市佐藤邸新築工事_字縄張りで家の形を決める。

砕石を敷き詰めます。
北杜市などの寒冷地では、冬場の凍結で地面が持ち上がってしまうため、対策として通常より深めにコンクリート基礎を打つ必要があります。

Image北杜市佐藤邸新築工事
普通はここまで深く掘りません。寒冷地ならではと言えます。
北杜市佐藤邸新築工事
ポンプ車による基礎のコンクリート打ちが始まりました。
北杜市佐藤邸新築工事

ウッドデッキ用の独立基礎。
柱の一本一本にしっかりと鉄筋を入れ、強度を高めます。

北杜市佐藤邸新築工事

基礎完成はこれで完成!
ここからいよいよ木工事に入ります。

Image

木工事スタート!

まずは土台敷き。

床下に敷く配管などの設備工事も一緒に行います。
周りの白いボードはシロアリ対策にもなる断熱材です。

Image

床下断熱工事。
地面からの冷気をしっかりと遮断するための断熱工事を行います。

Image
断熱材の上に「下張り」と呼ばれる28mmの合板を貼っていきます。
Image

建方工事。
家を支える柱を立てていきます。
建方工事は3日ほどかかります。

Image

すべての柱を立て終わったら家根の垂木を留めていきます。
写真右側の屋根上部にあたる部分は屋根下部(写真左側)に比べて垂木の数が多いのがお分かりいただけますでしょうか?
これは雪の重みで軒先が下がらないよう、軒先の骨組みをより強固にするためのものです。

Image
軒先の垂木の先端に「鼻隠板」を設けることで強度アップにもなっています。
Image
屋根の板張りを行います。
バチンバチン、手際よく貼っていきます。
Image
板張りの上に遮音効果のある板を敷いていきます。これで雨音などもより静かになります。
Image

それにしても寒い!
雪降る極寒の中での作業が続きます。

Image

外壁の板張り工事

屋根が仕上がった後には外壁工事がスタート。
腰板と呼ばれる板を丁寧に打ち付けていきます。

ImageImage

壁の上部(腰上の壁)は左官塗りの漆喰仕上げとなるため、ラス下地と呼ばれる下地材を貼っていきます。

Image
腰上と腰下の境目に中間水切りを設置します。これは湿気が下に回らないための対策です。
Image

内装工事

内装工事に着手します。
まずは内壁に断熱材を入れていきます。 寒冷地のため通常より断熱効果の高い高性能断熱材を使用しています。

ImageImage

天井板を張っていきます。
下地材と天井板は釘の他にも接着剤でしっかりと固定しておきます。 そうすることで天井板がより固定され、木材が暴れなくなります。

Image

雪の多い土地です。
寒い、、、

Image
壁を仕上げていきましょう。
Image
内壁の半分は赤松パイン材を使用した「目すかし張り」で仕上げます。
Image
部屋の内部の様子。
壁の下部は天然木の腰板、上部は左官仕上げの壁となります。
Image
いよいよ工事も大詰め。ヒノキのウッドデッキを作れば工事は完成です!
Image

【完成】内装と外装のご紹介

完成したお部屋の様子です。
天然木の天井と腰板で温かみのあるお部屋に仕上がりました。

Image

通常は、床と壁の接地面に「巾木」と呼ばれる目隠しをします。今回は回りぶちを使用しないため、キッチリ見た目を合わせるのが難しかったですね。でもここがコマツ建築工房の腕の見せ所でもあります。
特に壁と天井の繋ぎ目を綺麗に仕上げるのに苦心しました。

Image
引き戸にはまだ利用価値のある建具を見つけてきて、再利用しています。
Image
ダイニングの様子。
ImageImage

こちらは洗面所の様子。
木材をふんだんに使った室内は、木の取り合わせ(木目を揃えて壁として綺麗に見せること)に頭を悩ませます。木の仕上がりをいかに美しく見せるかも大工の醍醐味です。

Image
外観。
ウッドデッキがすっぽり入る2m突き出した屋根がインパクトある仕上がりになっています。
Image
実は、佐藤様邸は中央を境に左右対称のお部屋と外観を持つ、シンメトリーな作りになっているんです。
Image
ウッドデッキから入る玄関も面白い。
Image
こちらは建物の裏側。
Image
木製建具の玄関も手作りです。
Image
オリジナルのテレビ台も制作させていただきました。
Image

外溝工事も終了したご自宅の様子。
北杜市の気持ちの良い風景に溶け込んでいますね。

ImageImage

番外編・ガレージも手作りしました

車庫も自宅に合わせて同色の木材で作りしました。 風・積雪・耐震も考え、補強もしっかり行いました。
ImageImage
金物を使わずに昔ながらの工法の一つ「かんざし」での仕上げ。
ImageImage
金具を使わず組み上げるかんざしと柱の上部はコミセンで柱の抜けを防ぎます。
Image

新築・リフォーム ご相談ください

Image
コマツ建築工房は天然木をふんだんに使った新築案件、和風家屋のリフォーム・リノベーションも得意としております。
大掛かりなリフォームだけではなく、ほんの些細な手直しにも喜んで対応いたします。どうぞお気軽にご相談ください。
コマツ工房では、お見積もりや現地確認はすべて小松豊本人が出向いて対応しています。職人が直接現場を確認し、その場でご提案させていただいております。
お気軽にお問い合わせください

些細なご用件でも
お気軽に
お問い合わせください

雨漏り、すきま風、補修などお住まいに関するお困り事はお気軽にご連絡ください。2代目小松豊が親切丁寧に対応させていただきます。
055-278-1284

お見積もり依頼